「整体サロン てぃ〜だ」で本当に健康なお身体へ

痛みと水との関係性って?

あなたは痛みと水が関係していることをご存知でしたでしょうか?実は痛みの出方はその方の体質によって決まってきます。

では、そもそも体質を改善させるために必要なこととしては、

・水(代謝)

・体温(血流)

・腸内環境(血質)

これら3つの要素が非常に大切になってきます。これらの3つの要素が1つでもバランスを崩してしまうと、様々な身体の痛みや不調を引き起こしていまします。

 

例えば、あなたはこんな経験をしたことはないでしょうか?腰痛や肩こり、頭痛がひどくてマッサージ屋さんに行っても一時的には良くなっても、また痛みが再発する。いわゆる症状のぶり返しになります。

 

このように症状のぶり返しを繰り返す方は少なからず、上記に挙げた3つの要素のどれかが原因になっていることが考えられます。

 

この記事では3つの要素のうち、痛みと水との関係性を中心に記載させていただきます。

 

ます、そもそも体質とは何なのでしょうか?

 

ことば通り、『からだの性質』の総称を表す言葉です。

 

人間の体は約60兆個の細胞からできており、実は体質はこの『細胞の質』によって決まってきます。

 

この細胞は、血液から常に栄養と酸素を運んでもらい、細胞が活動するときに発生するゴミ(活性酸素など)を血液が運び出してくれます。

つまり、この血液の状態(質)が細胞の質を決めてしまいます。血液中に、体に有害なもの(添加物や有害ミネラル)がたくさん含まれていると、それを細胞が取り込んでしまうために、細胞の質が悪くなるのです。

 
細胞の質が悪くなる原因としては、細胞の中にある【ミトコンドリア】という器官が減ったりします。

 

人間は生きていくために、細胞が分裂していく必要があります。細胞も生きていくうえで、老化したり動きが悪くなったりするので、分裂して新しい細胞を生み出す必要があります。

 

簡単にまとめますと、

 

・血液の質が良い = 細胞の質が良い ➡ 良い体質

・血液の質が悪い = 細胞の質が悪い ➡ 悪い体質

 

ということになります。

 

血液の状態(質)を高めるためには【水】で決まってきます。まず、何故、痛みを改善するために水が関わっているのか?

 

人間の身体は『60〜70%』の水分でできているといわれています。そのうち汗や尿便、呼吸などから排泄を行っています。また、人間の身体は常に24時間代謝を行っており、代謝は水を使って反応する化学反応(加水分解)だからです。

 

※加水分解:酵素の力を利用し分子を分解して水に溶けやすくする。

 

という理由から、水を飲まないと脱水になり、脱水になると血液粘性が高まり血液がドロドロになり老廃物が蓄積されやすいからだになります。

 

では1日にどれくらいの水を飲まなければいけないのか?

 

【30ml×体重】は最低限必要になります。

 

1)体重50kgの方 ➡ 1.5ℓの水/日

2)体重60kgの方 ➡ 1.8ℓの水/日

 

は飲む必要があります。

 

身体に必要な水分が足りているかどうか、実は簡単に確かめる方法があります。

 

  • 尿の回数
  • 尿の色

になります。

 

尿の回数が1日の中で10回程度が理想で、尿の色としては約7回前後で尿の色が無色透明になります。

 

尿の色が濃い(黄色)のは老廃物(からだの中でいらないもの)が溜まっていため、尿が濃くなります。なので、しっかり吐き出すためにも体重に見合った『水』を飲んで頂き、老廃物を溜め込まずに尿でしっかり吐き出すことがとても大切になります。

 

また、尿の回数で腎臓が十分な尿を排泄できているかどうかを調べられます。例えば、排出する尿量を、飲む水量と比較する必要がり、飲む量が増えれば、必然的に尿量も増えることに繋がります。

 

では、お水なら何でも良いのかということですが、基本的にお茶やコーヒーなどは水分に含まれません。

 

その理由としまして、

 

  • 体内に吸収される時間がおよそ1~3時間と長い(水はたった10分程度で吸収)
  • 甘いジュースや清涼飲料水などの摂取は肝臓に負担がかかる
  • お茶やコーヒーは利尿作用がある為、腎臓への負担が大きくなる
  • 点滴は生理的食塩水といって塩と水を使いますが、お茶やコーヒーを外から体内へは吸収できない。

 

なので『水』を飲むように心がけましょう。

 

冷たい水は身体に良いのかということですが、氷水は-4~5℃近く腸内の温度を下げてしまいますので、できるだけ白湯もしくは常温の水を飲むようにしてください。

 

飲食店で氷水を出すのは、実は食欲中枢を刺激することがわかっていますので、できれば氷無しの常温を頼むようにした方が良いです。

 

では白湯の飲む方が良い理由はいったい何なのかということですが、腸内の温度を40℃以上にキープすることができるからです。

 

40℃以上にキープすることで得られることとしては、

 

①免疫細胞が増えて働きやすくなる。

②善玉菌が増えて働きやすくなる。

③酵素が増えて働きやすくなる。

 

ということが既にわかっています。

 

水の飲むにあたり注意事項があります。以下で記載している方には必ずかかりつけのお医者さんに確認するようにしてください。

 

①心臓疾患:心臓のポンプ機能は低下しており、水分を過剰摂取すると体内の血液量は増えます。腸から吸収された水分は 心臓へ流れていく為、心臓が全身に送り出す血液量も増

るので、結果として心臓への負担がかかります。

 

②腎臓疾患:腎不全が進行すると、尿を作ることが困難となり尿量は減る為、過剰な水分を取ると体内で溜まりむくんでしまう。

 

③80歳以上:循環サイクルを作る力が弱っているので注意が必要になります。かかり付けのお医者さんに確認する必要があります。

 

まとめ

 

本日は体痛みと水との関係性をお話させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

 

慢性的な腰痛や肩こり、頭痛といった身体の不調は少なからず水が関与していることが理解できたと思います。

 

当院では痛みを取り除く施術は勿論、戻りの原因や何故、体質を改善する必要性があるのか、をカウンセリングにて具体的にお伝えさせて頂いております。

 

 

 

王子駅2分「整体サロン てぃ〜だ」 PAGETOP